モンスターカレンダー

« 2014年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

ワキを何度も自己処理しているとだんだんと黒ずんでくることがあります。
これは色素沈着といって、皮膚の色が黒く変わってしまう状態であり、
カミソリや毛抜きによる自己処理が原因だといわれています。

カミソリや毛抜きによって皮膚を傷付けることで体が反応し、
メラニン色素を増やして防御しようとします。
また、炎症を起こした場合、その部分に紫外線があたると
酸化をお越しさらに黒ずんでしまうのです。

そして、炎症を起こした皮膚がただれるとブツブツが見られるようになり、
毛穴が膨らんでしまうというわけです。
中には黒ずみとブツブツが両方見られる人もいますが、
見た目にはかなり印象が悪くなってしまいますね。

これらの症状を改善するには今すぐに自己処理をやめてお肌をケアすることです。
かといって、毛の処理をしないと大変なことになります。
そこで、おすすめなのが、脱毛サロンの特殊な光を使用した脱毛です。
特にS.S.C脱毛はお肌に塗ったジェルに光を反応させることで
お肌に潤いを与えて美肌効果が期待できると評判です。
カミソリや毛抜きを使わないようにするだけでもお肌の負担が軽くなり、
数ヶ月で黒ずみやブツブツから解放されるはずですよ。

S.S.C脱毛のサロンなど、ワキ脱毛の優秀な脱毛サロンを詳しく見てみる

VIOゾーンとは、いわゆるデリケートゾーンのこと。
そんなところを人に脱毛してもらうなんて考えただけでも恥ずかしくなりますね。
確かに普段、人に見せるところではないのですから当然です。

けれども、ほとんどのサロンでは下着をすべて脱いで施術を行うのではなく、
脱毛専用の紙ショーツにはき替えて行います。
脱毛部位に合わせて、少しずつずらしながらすすめていくので
想像よりは恥ずかしくはないはずです。
さらに目を守るためにゴーグルをつけるところが多いので
恥ずかしさがかなり軽減されますよ。
もちろん、スタッフさんもジロジロと見るようなことはなく
脱毛だけに集中するようにしてくれるので安心です。

そして、気になる格好ですが、まずVライン
仰向けに寝た状態で下着を腰のあたりまで下げる感じで
少しずつずらしながらすすめていきます。

Iラインは、仰向けに寝て、片方のヒザを立てて横に倒します。
施術部分だけを出して、片側ずつ施術していきます。
出している部分以外には毛布などをかけてくれるので
思ったほど恥ずかしくはないようです。

最も恥ずかしいのはOラインです。
うつ伏せになり、下着は完全に下ろされ、足も開かないといけないので
かなり恥ずかしいかもしれません。
VIO脱毛はキレイになるためと割り切るしかないでしょう。

脱毛サロンに通っていても次の施術まで新しく毛が伸びてくるため
それをどう処理したらよいのか迷う人も多いようですね。
ワキの場合は夏場だとどうしても人の目が気になるので
自分で何とかしたいと思うのは当然でしょう。
できればワキ脱毛は半袖になる前の秋から冬に処理しておくのが賢明です。
とは、言っても寒い時期でも彼氏とのHの時に
ワキ毛が生えていては幻滅されてしまいそうですね。

そこで、脱毛中の自己処理方法で最もよいのはシェーバーを使うことです。
シェーバーなら生えている毛だけをしっかりと剃れますし、
自己処理方法の中では比較的お肌を傷付けずに伸びてきた毛を処理できるからです。

ただし、脱毛中の自己処理で絶対にNGなのは抜くことです。
脱毛サロンでも注意事項として説明されると思いますが
毛抜きで1本ずつ抜くことは避けましょう。
抜くことで毛の周期が変わってしまうのはもちろん、
うまく抜けずに毛が埋まってしまう埋没毛を引き起こすこともあるのです。
さらに毛穴が開き、そこから雑菌が入り、炎症を起こしてしまうことも考えられます。

脱毛サロンで施術を受ける前にもシェービングが必要です。
脱毛サロンでのシェービングなど、詳しくはこちらをお読み下さい。

脱毛サロンと医療機関の脱毛方法にはどんな違いがあるのでしょうか。

脱毛サロンと医療機関での脱毛を同じだと思っていては大間違いです。
実はこの両者の施術には大きな違いがあるのです。

まず、脱毛サロンやエステサロンで行われる脱毛は、いわゆる"永久脱毛"ではありません。
脱毛方法はそれぞれのクリニックで異なりますが
電気脱毛やフラッシュライトを使用した光によるIPL脱毛などが主流です。

照射の出力が弱いので効果を感じるまでに時間がかかったり、
思ったような効果が得られないこともありますが、
なんといっても料金が安いので、コスト面を考えて脱毛サロンを選ぶ人も多いのです。

一方、医療機関での脱毛は医療用のレーザー機器を使用して脱毛する"永久脱毛"になります。
ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーが主流であり、
照射の出力が高いため、たった1回でも効果を感じることができます。

また、医師免許を持った医師が施術にあたるため、安心感もありますし、
脱毛サロンに比べて少ない施術で高い効果を得られるというメリットがあります。

何かトラブルがあったときも医療機関なら医師による適切な処置が受けられるのも
医療機関での脱毛の大きなメリットだといえるでしょう。

こうして考えると、料金が安い脱毛サロンはお得なようで実は
何度も通うことになればその分、料金がかさむため、長い目で見ると
医療機関での脱毛のほうが安心、安全だといえるでしょう。

評判の良い脱毛サロン、医療機関はこちらです。
ここでは費用の違いなど、これから脱毛を受けたい方に沢山の情報がありますよ。

ワキガはただの汗のニオイとは異なり、
周りの人にとってはかなり厳しいニオイですね。
特に夏場は、ワキガではない人でもワキの汗のニオイには
気を遣いますのでワキガの人ならなおさらです。
しかも、夏はニオイもさることながらムダ毛の処理も怠ってはいけません。

そこで一気にどちらの悩みも解決できる方法として脱毛がおすすめです。
ワキガのニオイはアポクリン汗腺から分泌される汗に
皮膚常在菌が繁殖することで発生します。
そしてそれにワキ毛がからまることでより拡散されてしまうのです。

ですから、ワキガの根本的な治療のためにはこのアポクリン汗腺を除去することが大切ですが、
脱毛することでニオイの拡散は予防することができるというわけです。
もちろん、カミソリなどで一時的に除毛するだけでもニオイを軽減することはできますが、
できれば永久脱毛がいいですね。
ワキ脱毛ならサロンによってはキャンペーンで格安に施術できることもありますし、
数回で完了するのでぜひおすすめです。

顔は人からよく見られるところなので、少しのうぶ毛でも気になってしまいますね。
そのため、自分で処理する人も多いようですね。

顔のうぶ毛に向いているのは、カミソリです。
顔の肌には凹凸があるので、皮膚をひっぱりながらできるだけ平らな状態にして
優しく剃っていきます。

顔のうぶ毛を処理すると、古い角質も取れるので、処理後はくすみがとれて
お肌の透明感が増します。
その反面、お肌を傷つけやすいというデメリットもあるので、
特にお肌が弱い人は注意が必要です。

まずは、プレケアとして、蒸しタオルを当ててお肌を柔らかくし、
いつものスキンケアでお肌を整えます。
もし、専用のシェービングジェルなどがあればぜひ使ってみてください。
蒸しタオルのひと手間でグンと剃りやすくなるのでおすすめです。

次に頬、額、あご、口の周り、眉とパーツごとに剃っていきます。
この時、毛の流れに沿ってすすめていくのがコツです。
ただし、一度剃ったところは何度も剃ってはいけません。

最後はたっぷりと保湿してお肌を保護してあげましょう。
特に化粧水を含ませたコットンパックは毛穴の引き締め効果もあるので
必ず行いましょう。

顔脱毛は脱毛サロンではできないところが多いので自分でするか、
数は少ないですが、こちらの脱毛サロンだと安心して顔脱毛の施術が受けられます


少しでもお得に脱毛したいと思うのは誰でも当然のことです。
そんな夢を叶えてくれるのがミュゼプラチナムの脱毛し放題コースです。
デリケートゾーンの中でもVラインだけを脱毛したいのなら
両ワキコースに追加利用金なしでVラインの脱毛が追加できる
「両ワキ+Vライン脱毛完了コース」がおすすめです。

初回料金の3,800円だけで両ワキはもちろん、追加でVラインも
脱毛し放題になるという何ともお得なコースなのです。
キャンペーン期間を狙えば、ナント1,800円になるかもしれませんよ。

毛の周期や毛量人それぞれ違いますし、6回など回数が決まっていても
それで満足できるとは限りませんね。
人によっては何回も通わなければならないこともあり、
そのたびに追加料金を払うとなると大変な負担になります。

脱毛サロンに通うのをためらっている人の多くは既定の回数で完了するのか
不安に思っているようなので、脱毛し放題のミュゼが人気なのも納得ですね。
しかも、それが初回料金だけでOKなのですから、
他のサロンと比べてもどれだけお得なのかわかるはずです。

デリケートゾーンの脱毛を考えている人は多いと思いますが
思い切ってハイジニーナ脱毛をしたいなら「ピュウベッロ」がおすすめです。

ハイジニーナというのは、V、O、Iラインを全部まとめた呼び方であり、
つまりデリケートゾーンすべてのことを指します。
1箇所ごとに脱毛するのもよいのですが、デリケートゾーンをまとめて脱毛することで
清潔と快適さを手に入れられると評判です。
一度ハイジニーナ脱毛をした人はやみつきになるそうですよ。

ピュウベッロでは1回コースと6回コースがあるので
自分の毛量や目的に合わせて選ぶことができます。

ピュウベッロが人気の秘密は予約がとりやすいところや
アフターケアが充実しているところ、11年の実績があるところなどですが、
やはり最も支持されている理由はその技術と効果です。
JEM認定のエステティシャンが多数在籍しているので
恥ずかしてデリケートゾーンも安心て任せられるのです。
アフターケアもしっかりしてくれるので施術後のお肌はツルツルしっとり。

レーザー脱毛は毛の黒い色に反応して毛根を焼切るものですが、
どんなお肌でも脱毛できるわけではありません。
お肌や毛の状態や体調によっては断られることもあります。

具体的には次のようなお肌です。
・ムダ毛を抜いて毛根がない状態
・ほくろがたくさんある
・色素沈着している
・日焼けをしている
・傷がある

特に日焼けや色素沈着しているお肌は黒い色にレーザーが反応してしまい、
やけどの恐れがあるのでおすすめできません。
軽い日焼けでもお肌は炎症を起こしているので
脱毛できない場合もあります。
また、脱毛を受ける前にはムダ毛を抜くのではなく
カミソリで剃るお手入れで毛根へのダメージをできるだけ少なくしておくようにしましょう。

もし、脱毛したいところにほくろやシミがある場合には
その部分だけをニードル脱毛してもらえるサロンもあるので
まずは相談してみるといいですね。

とにかく、レーザー脱毛を予定しているのであれば
日焼けやケガを避けることが賢明です。

他にも体調が悪いとき、薬を服用しているとき、
飲酒した後、予防接種を受けた後なども断られることが多いようです。

特に全身脱毛をする場合は体調管理や日焼けなどに気をつけて下さい。
医療脱毛のクリニックや脱毛サロンで当日、施術してもらえない、
なんてことのないように!

ワキ脱毛をした人の中には施術後に急にワキ汗が増えたと訴える人が多いようですね。
けれども、実際にはワキ脱毛によってワキ汗が増えるという科学的なデータは何もないのです。
実は、ワキ汗が増えたと感じる原因は、今まであった毛がなくなったことで
汗をかいたことをより感じやすくなったからなのです。
つまり、汗をかいたことが感じやすくなり、量が増えたような錯覚に陥っているというわけです。

ワキ毛には分泌されたワキ汗をからめて流れていくのを防ぐという役割があるため、
出てきた汗がそのまま流れにくくなっていたのです。
けれども、毛がなくなったツルツルのワキでは汗がそのまま流れてしまい、
今までより汗を感じやすくなるということです。
そう感じる人が多いため、そのような噂が浸透してしまったようですね。

もし、それを気にして脱毛を躊躇しているのであれば、
それは全くの噂ですので不安に思う必要はありません。
気になる人は、今はワキ汗用の制汗剤やパットなどのさまざまなグッズが出回っているので
それらを上手に利用してみるといいですね。

ワキ脱毛は存外大変ですので、自分でやるよりも脱毛サロンがいいように思います。